早期発見をするなら検査が必要|大腸がんの進行を予防する

女の人

負荷の少ない治療

女性

自身が胆管がんであることに気づくには、その症状を把握しておく必要があります。胆管がんの主な症状には黄疸があります。これは初期症状の代表格であり、わかりやすい症状です。具体的には皮膚や口の中の粘膜が黄色く変化する症状です。このような黄疸症状が現れるのは胆汁の通り道にがんが発生するからです。流れていく胆汁の量が少なくなるので、さまざまなところで黄色くなる症状が出てきます。また、便器でもないのに腹痛がよく起こります。これは胆管の中にある腫瘍が拡大していることが原因です。比較的進行が進んでいるときに現れてきます。他にも、疲労感や発熱なども引き起こすことがあります。このような症状が現れ始めたら胆管がんを疑いましょう。

胆管がんの治療法として優れているものは放射線療法です。身体に負荷をかけることなく全身のがん細胞を攻撃することができます。また、死滅させるだけでなくがん細胞の増殖を防止する効果もあります。さらに、胆管がんに伴う痛みを軽減する働きもあります。胆管がんは脳にまで転移することがあり、その場合には痛みを感じます。それを和らげるためにも放射線療法は非常に有効な方法です。それから、化学療法も見逃すことはできません。こちらも身体的な負担はありません。代表的な薬は塩酸ゲムシタビンであり、抗がん剤治療において最も多く選ばれる薬剤です。他のがんと同様にステージが5段階あり、ステージ3以降は外科手術と共に上記の治療方法が用いられることが一般的です。