早期発見をするなら検査が必要|大腸がんの進行を予防する

女の人

考慮と支援で希望が叶う

看護師

状況を見極めた上で

在宅医療は簡単に言うと往診の事ですが、医療関係者による訪問が往診の様に臨時ではなく定期的なのが特徴で、自宅にいながら診察や医療が受けられる形態です。ただ病院の様に専門的、大掛かりな医療器具を自宅に設備できませんので、病状によってはこの医療形態に向き不向きがある点に注意が必要です。自宅で治療したいと望んでいる患者の中で、比較的病状が安定している、又は病気の進行が遅くて緊急性が低い場合、介護が中心になっている場合などにはこの在宅医療が適しています。緊急性が低いと言っても万が一の場合を考えて、24時間対応をしている病院を探して在宅医療を選択する事が重要ですし、病状によっては在宅より入院した方が良い場合も出て来るかもしれません。そう言った点を十分考慮した上で、患者にとって最適な医療体制を選択する事が大切です。

多角的な連携と支援

世田谷区には在宅医療を支援するために色々なサービスがあります。例えば、世田谷区民を対象に電話による相談センターが設置されています。ここで在宅医療の一般的な内容から、患者に在宅医療が可能かどうかや認知症患者の対応方法など、個々の問題についての相談ができます。さらにこの電話相談センターをはじめ、世田谷区の各専門医、福祉関係者、看護士、栄養士、ソーシャルワーカーなど幅広い分野に渡る連携が図られ、在宅医療を支えるための情報交換や交流会などが行われています。さらに世田谷区では、介護に従事するケアマネジャーやホームヘルパーのスキルアップのための研修、高齢者以外に障がい者や子どもの在宅医療、及び介護者の負担軽減のための環境づくりなど、様々な面から在宅医療を支援しています。