早期発見をするなら検査が必要|大腸がんの進行を予防する

医者

負荷の少ない治療

女性

胆管がんの初期症状は黄疸症状です。皮膚や口の中が黄色くなります。がんが進行すると腹痛がたびたび起こります。治療方法には抗がん剤を用いた化学療法や放射線療法があります。後者はがんの転移に伴う痛みを軽減させる効果も持っています。

もっと読む

考慮と支援で希望が叶う

看護師

自宅で診療を受けたい患者にとって在宅医療は望ましいですが、患者の病状、適した病院選びなどでいくつかの注意が必要です。世田谷区では電話相談をはじめ、医療、福祉関係者から栄養士、ソーシャルワーカーなど幅広い分野において連携が作られ、在宅医療を支援しています。

もっと読む

年々増え続けている

カウンセリング

年に1度検査を

大腸は全長1.5m程の長い臓器で、大腸がんは直腸にできる結腸がんと、肛門に近い直腸にできる直腸がんの2つに分類できます。大腸がんは欧米人に多く見られ比較的日本人は少ないとされてきましたが、近年は食生活の変化やストレス社会の影響もあり日本人も年々増加傾向にあります。大腸がんは早期発見できればがん病変そのものを取り切ることが可能で治癒率は90% を超えます。但し、発見が遅れると病変を切除しても肝臓や肺に移転しやすく生存率は低くなります。きちんと治すには早期発見が重要ですが、大腸がんは初期は自覚症状がないため自分で見つけるのは困難です。そのため40代になったら年に1度は必ず便潜検査を受けるようにしましょう。便潜検査で発見された早期がんは転移も少なく術後の経緯も良好のケースが多いです。

手術後のフォローと再発

早期の大腸がんは内視鏡を使ってがんを切除する手術が治療の第一選択となっています。開腹手術をすると癒着が起こりがちになり、癒着による腸閉塞に悩まされることもあります。そうならないためには術後、早くからベッドから起き上がり、ウォーキングなどで体を動かすことが大切です。人工肛門を設置した場合は、慣れないうちは便処理が面倒かもしれませんが、体が慣れてくると1日1回の排便で済むようになります。最近の人工肛門は高機能でとても使いやすいので、安心して社会復帰できます。なお大腸がんの再発率は術後の定期検査を忘れずに受ければ80%以上は2年以内に発見でき、切除が十分可能です。肝臓や肺への転移も早いうちに発見し数が少なければ切除手術が行えます。

自分に合うものを見つける

医者

平野区で病院を探す場合、インターネットの医療機関検索サイトを利用すると簡単に見つけることができます。医療機関と言っても、いくつか種類があるためきちんとした知識を得ることで、自分に合った病院や医師を見つけることができます。

もっと読む